ソーシャル・ネットワーキング・サービス行動指針

ヌーベルグループ

第1 はじめに

本行動指針導入の背景と概要

インターネットや携帯電話の普及に伴い、私たちの生活は大きく変化いたしました。
私たちは、社会に向けて自ら直接情報発信を行うことが可能になりました。
このことは当然に、私たちにコンプライアンスや法令遵守は勿論のこと、高い道徳心や強い責任を求められているものと思います。
そのような状況下において、私たちは前向きにブログ、掲示板、Facebook,Twitter,LINE等のいわゆるソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下「SNS」といいます。)等のインターネットをベースに、多くの皆様と様々な対話を重ねたいと考えています。本指針は、SNSの対話に参加する全ての関係者に理解を頂く上でのガイドラインとして作成されたものです。

第2 本行動指針の基本理念

  1. ヌーベルグループの従事者が個人の立場で、SNSを利用する場合の基本指針
    所属する組織や雇用の形態に拘らず、全ての従事者は、所属する各社の就業規則及びその他の関連諸法令や方針等の遵守はもちろんのこと、高い道徳心と強い責任感を持ちSNSを利用しなければなりません。
  2. 当グループを代表する立場で、SNSを利用する場合の基本指針
    当グループを代表する立場で、企業活動やSNSを通じて発言するためには、所属する組織や雇用の形態にかかわらず、各社公認のアカウントを取得しなければなりません。
  3. 当グループが掲げる基本的価値観
    • (1)当グループは、透明性を担保するためSNS上での議論の流れをコントロールすることを目的にした擬似ページの制作や投稿メッセージの送信は行いません。
    • (2)当グループのイベントに招待する場合、当グループのホームページにて周知します。

第3 当グループへの従事者がSNSを利用する際に求められること

  1. 当グループの従事者が個人の立場であっても、会社を代表する立場であっても、次の点を遵守しなければなりません。
    • 就業規則をはじめとする各法令を遵守します。
    • インサイダー取引に関する情報は投稿しません。
    • 自己の業務上(TV番組の収録に係るオンエア前の情報、又は同収録の際に知りえた個人情報。)知りえたTV局、俳優、タレントの個人情報は投稿しません。
    • 第三者の誹謗中傷は投稿しません。
    • 否定的な投稿を発見した場合、速やかに管理部に報告しその対処を待ち、自己の判断で反論や議論はしません。
    • 第三者の権利を侵害しません(仮に第三者のコンテンツを使用する場合は、必ず投稿の中で権利所有者を明記するとともに、使用許諾を得、その旨の記載をしなければなりません。)。
    • ローカルでの投稿が世界的影響を及ぼし得ることを忘れないで投稿しなければなりません(我が国では正しく合法な発言であっても、他の国では不正確で違法なことや習慣の違いがあること理解しなければなりません。)。
    • インターネットの恒久性を認識しなければなりません(後日削除しようとしても、一度公開された投稿は、記録として恒久的に残る可能性があります。迷った場合は「投稿しない。」を旨とします。)
ページトップへ
MENU