どんな音を聞き、どんな音を作れば、多くの人へツタワルのだろうか。どんな音を聞き、どんな音を作れば、多くの人へツタワルのだろうか。

音声

スタジオ収録で出演者のマイク音やVTRの
音量調整などを行う「スタジオ音声」や、
撮影現場で取材音声を収録する
「取材音声」など、
音を扱うのが
「音声」のお仕事です。

撮影現場では感覚を駆使して音を聞き分け、
視聴者に届けるための「音」を作り上げます。
収録した音源は、MAなどへ引き継がれ、
必要な調整を受け放送されます。
生放送の場合は、自分が作り上げた
「音」がダイレクトに放送されるため、
「音」への感覚が番組のクオリティに
直結するお仕事です。

「自分の“音”が視聴者の耳に届いたとき。」
それが、音声のヨロコビです。

どう音をつなげたら、どんな音量で表現したら、気持ちよくツタワルのだろうか。どう音をつなげたら、どんな音量で表現したら、気持ちよくツタワルのだろうか。

MA

映像はいくつもの音から構成されています。
映像にナレーション・BGM・SE(効果音)など
様々な音を付け、
どの部分でどのような音量バランスにしたら
視聴者が心地よいかを考えながら、
最終的な音の調整をするのが「MA」のお仕事です。

今まで様々な工程を踏んできた映像は、
最終的にMA にバトンタッチされて、
聴覚的な演出が足されて視聴者に届きます。
「様々な工程を踏んだ映像を、
自分の手で最終形にし、視聴者に届ける。」
それが、MA のヨロコビです。

実績(編集・MA)※一部抜粋

編集・MA実績番組表

※出向協力含む

番組カテゴリー:
ニュース・情報
バラエティ・音楽
スポーツ
担当業務:
編集
マルチオーディオ
ページトップへ
MENU