映像

どのように撮影したら、伝えたいことが、よりツタワルのだろうか。どのように撮影したら、伝えたいことが、よりツタワルのだろうか。

カメラ

生放送・収録番組でのスタジオ、ロケ先など、
制作ディレクターの演出に沿った
カメラワークを考え、
映像のアングルやフレームサイズを決めながら
撮影するのが「カメラマン」のお仕事です。
技術力のみならず、
制作とコミュニケーションをとりながら
意図を汲み、
どのような映像にするのか、
感性や想像力を使うことが求められます。
「撮影」に明確な正解はありません。
そこに、自分の感覚を駆使して
答えを導き出していくのです。

「自分が撮影した映像に、納得できたとき。」
それが、カメラマンのヨロコビです。

色や明るさをどう調整すれば、映像がありのまま、ツタワルのだろうか。色や明るさをどう調整すれば、映像がありのまま、ツタワルのだろうか。

ビデオエンジニア

テレビ放送は、様々な機材を使用して
映像を視聴者に届けています。
いくつもの映像を視聴者へ届ける際に、
副調整室(サブ)や中継車の中などで
色や明るさなどの「映像管理」を行うのが
「VE(ビデオエンジニア)」のお仕事です。

撮影された被写体が的確に伝わるように
映像の細かい調節をします。
VEが「映像管理」をしているからこそ、
視聴者にありのままの映像を届けることが
できるのです。

「“ありのまま”の映像が放送できたとき。」
それが、VEのヨロコビです。

実績(カメラ・音声・VE)※一部抜粋

カメラ・音声・VE実績番組表

※スタジオ技術業務

番組カテゴリー:
ニュース・情報
バラエティ・音楽
スポーツ
担当業務:
カメラ
音声
カメラアシスタント
どう映像をつなげたら、どんなテロップで表現したら、もっとツタワルのだろうか。どう映像をつなげたら、どんなテロップで表現したら、もっとツタワルのだろうか。

編集

カメラマン・音声が録った素材を
制作の演出意図に沿って編集し、
気持ちのいい“間のつなぎ”を表現して
視聴者に届ける作品に仕上げるのが
「編集」のお仕事です。

演出効果を駆使しながら、
映像に載せるテロップや
画面の構成・デザインなど
制作の演出意図を技術面から提案し
視覚的に表現していきます。

「自分がつないだ映像が、お茶の間に届くこと」
それが、編集するヨロコビです。

実績(編集・MA)※一部抜粋

編集・MA実績番組表

※出向協力含む

番組カテゴリー:
ニュース・情報
バラエティ・音楽
スポーツ
担当業務:
編集
マルチオーディオ
ページトップへ
MENU